Above & Beyond

日々のアウトプット記録

転職してからの1年半を振り返ってみる

あけましておめでとうございます。 ということで、年も変わったので転職してからの1年半をちょっとだけ振り返ってみようと思います。

仕事の内容について

仕事の内容はインフラとか運用周り、果ては社内ITのインフラまで、開発とビジネス以外のところを引き受ける立ち位置。 相変わらず毎日分からないことを調べつつなんとか対処するような事が主な仕事と言ってもいい感じ。 入社した時と比べると関わるエンジニア数も増えて、全体の中でこぼれ落ちるような作業なんかも拾っては対応する、みたいなこともやってます。 こう書いても何やっているか伝わりづらいと思うけど、要するに何でも屋ってところです。

で、入社してから一番大事にしているのが、取り敢えずやったことをドキュメント化すること。 フルリモートだととにかくやっていることを記録して残して共有するのが滅茶苦茶大事なので、これは自分でも頑張ったなと思っています。 で、会社ではDocbaseをドキュメントのプラットフォームとして使っているので、どのくらいのドキュメントを書いたかを集計してみました。 APIが用意されているので以下のような感じで全部のドキュメントのタイトルと作成日時などを取得。

BASE_URL=https://api.docbase.io
API=teams/{スペース名}/posts
TOKEN={API Token}
curl --request GET \
  --url "${BASE_URL}/${API}?q=author%3A{ユーザー名}&page=1&per_page=100" \
  --header 'content-type: application/json; charset=utf8' \
  --header "x-docbasetoken: ${TOKEN}" | \
  jq -r '.posts[] | [.title,.scope,.created_at] | @csv' > article_lists.csv

CSVファイルに吐いたものをグラフにしたのが以下。

月別の投稿数

月によってばらつきは勿論ありますが、月平均で20位は書いていますね。 コードのドキュメント、データフォーマット、処理シーケンス等、書いている内容は様々ですが、書くことで理解が深まるし他の人と話をする時にドキュメントを先に読んでもらってから話をすると大分無駄が省けるので、書いてて良かったと思うことが多いです。

タイトルだけですが、こんな感じのものを書いてます。

AWS

  • AWS CLI
  • AWS MFA設定方法
  • AWS セッションマネージャー
  • AWS環境でIAMユーザーに複数MFA割当を行う
  • CloudWatch Logs Insights のクエリ
  • SESによるメール配信設定

Azure

  • Azure CLI
  • Azure Function 環境構築
  • Azure Synapse 外部テーブル作成
  • Azureのデータバックアップ設定
  • Azureログ調査方法

Kubernetes

Database

  • MongoDB
  • MongoDBへの接続
  • MySQL
  • MySQLへの接続方法

その他

  • Meta Defender Core のインストール
  • Meta Defender Core 調査
  • Redisへの接続

社内向け

  • VPN接続設定
  • Windows開発環境メモ
  • オフィスIT
  • 各種アカウント作成方法

仕事の仕方について

弊社はフルリモートなので、基本は家で仕事をしています。毎朝、朝会で前日までやったこととか今日やることを確認して、そこからは各自で作業をするのが基本的な流れ。 勿論、分からないことなどがあれば適宜オンラインでミーティングしたりしながら進めているので、孤立感はあまりないかと思います。

使っているコミュニケーションツールは

ですが、オンライン会議では相手に合わせてZoomやTeamsも使うことがあります。

自分が普段やっているのは、インフラ/運用保守周りとしては

  • 障害発生時にログを見て、そこから障害の原因と思しき箇所を特定してエンジニアチームに修正を依頼
  • インフラの設定変更など
  • インフラ設計/構築
  • VPN接続などの不調時に調査と修正などの対応
  • 各種アカウント(Azure/GitHub/Google/Slackなど)作成/削除
  • インフラコストチェック

上記以外にプロジェクト周りで

  • インフラ周りの問題に関する調査/作業指示
  • 作業や調査が漏れているものを拾って適切な作業者に依頼
  • 上記をする為にプロジェクト関連会議に基本的には全部参加
  • ドキュメント類の整理

と、コードを書く以外のことはだいたいやっているような気がします。

で、オフィスのインフラも対応する必要がある場面もあって、そういう時はオフィスに出社したりもします。 基本はクラウド上で完結するようにしていますが、どうしてもPCのメンテナンスだったりは発生するので。

今年は大きめのプロジェクトが有ったこともあり、自分は会議に取られる時間が多かったです。(1日の8割くらいが会議だった日も結構あった) フルリモートだとやっていることが分からないからサボれるし楽なのでは?とか思っている人もいるかも知れませんが、実際には成果が全てなので逆に働きすぎることのほうが多いのではないかなというのが実感です。実際、自分の月別の稼働時間を営業日で割った一日あたりの労働時間を見てみたのが以下のグラフ。

1日あたりの労働時間

見てわかる通り、5月くらいからはずっと10時間以上働いている感じです。 日によって短い日もあるしプロジェクトリリース前とかは休日勤務もあったので、この半年くらいは忙しかったですね。 ただ、成果を出せていればある程度時間の融通は効くので、日中帯に抜けて用事を済ませるとかはできますし、通勤時間もないので同じ労働時間でも通勤している場合に比べると時間ほど辛くはないかなと思います。 とはいえ、長時間働いても成果が上がらなければ意味がないので、このあたりは今年改善すべき課題です。


今年の目標

これまでを振り返ってみて、今年何をすべきかを考えてみました。

1. インフラ周り

もっと色々できるようにしていかないとなと思っています。 AzureとAWSという2つのクラウド基盤を使っているわけですが、これらを使いこなしつつ、安定したサービスの基盤を構築できるようにしていきたいですね。 まだまだ分からないことが多いのですが、少しずつでも前進していきたいです。

2. 作業を更に効率化

もう少し労働時間を短くできるように、作業を更に効率化していければいいなと思います。 休暇もあまり取れてないので、ちゃんと計画的に取っていきたいですね。 ちゃんと休暇も取りつつ、働く時は集中して働く、というメリハリを付けないと疲れちゃいますから。

3. 外部活動を再開

なかなか勉強会とかConferenceに参加することができなくなっていたのですが、今年はそのあたりも再開したいと思っています。 外部の人と繋がったり、自分のレベルを確認したり、外の世界の流れを見ておくことは大事ですから。 登壇とかもできるといいとは思っていますが、まずはLTとかからですね。

ということで、今年もよろしくお願いします。

今年買った本

年末なので、今年やったことを少しずつ振り返ってみようと思います。 最初は今年買った本。(読んだとは言っていない)

雑誌

Yubikey購入したんだけど活用方法が、とTwitterで呟いたら識者から色々教えてもらった中に有ったので購入。 Yubikeyのところだけ読んだ。社内ITとかでセキュリティDeviceの活用とかしてみたいなと思ったり思わなかったり。


技術書

Amazon

話題になっていたので購入。夏休みに読むつもりだったのに、夏休みがほぼ無かったので1/3位しか読めていない。 年末年始に読める、のか???

積読。自社Serviceのマイクロサービス化とか、少し考えてみようかと思って購入したけど読めてない。

以前仕事でやっていた事に関連する内容だったので購入。半分くらいしか読めてない。 形態素解析とかテキストマイニング、面白いよなと改めて思った一冊。


ラムダノート

以下は電子書籍が半額で購入できる、という「時雨堂と一緒にラムダノートの8周年突入をお祝いしよう!」キャンペーンに乗って購入した本。 技術書はなんだかんだ言っても安くはないので、こういうキャンペーンで本を購入できるのは本当にありがたい。 ありがとう時雨堂!ありがとうラムダノート!

検索システム ― 実務者のための開発改善ガイドブック(電子書籍のみ)www.lambdanote.com

全文検索とか何気に昔から興味がある分野なので、出た時に買いたいと思っていたまま買えてなかった本。 まだ読めてないけど、すごく楽しみ。

徹底解説 v6プラス(電子書籍のみ)www.lambdanote.com

IPv6、結構色んなところで使われるようになっているので、ちょっと興味があって購入。

みんなのデータ構造(電子書籍のみ)www.lambdanote.com

これも以前から読みたいと思っていた本。データ構造とか真面目に勉強してこなかったので、ちゃんと知っておきたいなというのが動機。

プロフェッショナルSSL/TLS(電子書籍のみ)www.lambdanote.com

Webに纏わる仕事をするなら、知っておかないとまずそうという漠然とした思いがあって、これも以前から読みたいなと思っていた本。


Amazon(年末駆け込み購入)

Amazonで本の10%ポイント還元をやっていたので、年末だしということで欲しいものリストにあった本などを何冊か購入。

Kindle版を購入。買ったばっかりなので読んでない。

物理本を他の人に貸したまま返ってこなくなったので再購入。これは何度読んでも良い本。おすすめ。

これも貸したまま返ってこなくなったので再購入。そんなに分厚くないし分かりやすくて良い本だと思う。

ドキュメントを書く時の勘所のようなものを自分の中で整理したい、というのがここ数年あったので購入。

古い本なんだけど、前から読んでみたいと思っていたので、この機会にと思って購入。

これも前から読みたいと思って欲しいものリストに入れてた本。 自社サービスの会社にいるので、ちょっとこういう事も勉強したいな、という発想。


漫画

最後が技術関係なくてすいませんすいません。

これはなんとなく買い続けている「まどろみバーメイド」。今年出たものは全部買っている筈。 カクテルとかバーとか、おおよそ自分には縁がない感じなんだけど、興味はある、というか。 漫画、3冊だけだと思うと読むのが少なくなったな。。。


ということで今年買った本、でした。

Xiaomi Smart Band 7

なんとなく思い立って、スマートウォッチを買ってみた。 買ったのは Xiaomi Smart Band 7。6千円ちょっとで買えるシャオミのスマートウォッチ。

どんなものか

所謂Apple Watchのような高機能なものではなく、活動量計とか歩数計などが付いた時計、といった方がしっくりくるかもしれない。 最近運動不足だなというのと、睡眠状態を可視化したいみたいな事を考えていたので、この値段なら失敗してもいいかという軽い気持ちで買ったというのが正直な所。 なので、すごい機能は期待していない。一応提供される機能はこんな感じ。

  • 時計
  • 血中酸素レベル測定
  • 心拍数モニタリング
  • 睡眠モニタリング
  • 歩数計
  • 活動量計
  • ストレス計測
  • 呼吸訓練
  • ストップウォッチ
  • カウントダウンタイマー
  • ポモドーロタイマー
  • 世界時計

だいたい必要そうなものは揃っている感じかな。GPSは付いていないので、そのあたりはスマフォと組み合わせて記録するのかな。(使ってない) 単体で使うには画面が小さいし、データの保存を考えればスマフォと連携+スマフォからクラウドへのBackupが基本的な使い方になるみたい。 天気予報データもスマフォ経由で取得している。 スマフォの通知もバイブレーションで通知可能。

画面は1.62インチの有機EL。腕にはめてみると大きすぎず小さすぎず。着けたまま寝るのに邪魔にならない感じは良い。 常時点灯の設定も可能になっているようだけど、特に常に表示しておきたい事はないので自分はDefaultのまま使っている。

何はともあれ開封の儀

パッケージは至ってシンプル。本体と充電ケーブル(USB)、簡単なセットアップマニュアルだけ。 充電ケーブルは本当にケーブルのみなので、AC→USB Aができる機器が別途必要。 まぁ、スマフォ持っている人はそれの充電用機器は持っていると思うので、それを共用するとかでも大丈夫そう。 充電時間は急速充電機器じゃない場合でも30分くらいあれば十分かと思う。

で、パッケージを開けて最初に悩むのが、電源の入れ方。 スイッチ的なものは付いてないので、どうすりゃいいんだと思うしマニュアルにも電源の入れ方的なことは書いてない。 ググってみたら、充電をしてスマフォとペアリングすれば良いだけみたい。 ペアリング時にシャオミのユーザーアカウントが必要になるので、これは事前に作成しておいたほうが良さそう。 で、充電してスマフォとペアリングすると、本体のファームウエアのアップデートも確認されるので、一緒にアップデートしておいたほうが良い。 と、ここまでやって、なんとなく使えることになる。

どんな事に使っているか

取り敢えず歩数計と睡眠モニタリング、血中酸素レベル測定はしている。

  • 散歩をするようにしたので、歩数は確認。
  • 睡眠モニタリングはレム睡眠も計測できるので計測をON(バッテリーを少し余計に消費するのでDefaultではOFF)
  • 血中酸素レベルは常時測定をON(バッテリーを少し余計に消費するのでDefaultではOFF)
  • 時計とスマフォの通知も便利に使っている。

使ってみて

  • 散歩するようにしたとはいえ仕事中は歩かないし、通勤しない分歩数はせいぜい2000歩くらい。だいぶ運動不足というのを痛感。
  • 睡眠時間はそれなりに確保できている。深い睡眠時間もあるので、それなりに眠れているみたい。
  • 血中酸素レベルは、まぁ特に異常はない(ある意味当たり前か)
  • 文字盤デザインはDefaultのやつは少し派手だし時間が分かりづらいので、デジタルのシンプルなやつに変更している。
    • Default
    • 使っているやつ

良いところ

  • とにかくバッテリーが持つ。自分の使い方だと2週間充電無しで普通に使えている。そして充電時間もそんなに長くない。これはとにかく良い。
  • ディスプレイの明るさは無段階で調整できるみたいだけど、Defaultの状態でも十分見えるので特に設定は変えなくても困っていない。
  • 軽いというのも良い。腕に着けているのを忘れそうな軽さ。
  • 時計は便利。常に時計を見られるのは少なくとも自分にとっては悪くない体験。

イマイチな所

  • 通知はLINEの通知を見逃さなくなったのは良い。ただ、スマフォの方で夜間モードを設定しても通知が飛んでくる。止め方がわからないのでこれは結構困っている。

まとめ

取り敢えず2週間使ってみた感じは、思ったより良いというところ。 バンド変えてみたりするのも楽しそうだし、使ってみると意外に便利なのかなと思い始めている。 親がスマフォを持っていれば、着けてもらっても良いかもな。(うちの親はスマフォは持ってないので駄目だけど)